2013年07月19日

ホテルの評価


チークガーデンホテル(チェンコーン)

チェンコーンにあるホテルの中では上位のよう。
料理が美味しい。
リバービューの眺めは良いが、バルコニーは貧弱。
バイクのレンタルサービスがある(200B/1日)。
(写真は撮り忘れた)

ルアンサイロッジ(パクベン)

クルーズ専用の宿泊施設。
良い意味で自然のままのホテル、窓は隙間だらけ。
ベープマットと蚊帳のおかけで、就寝中、虫に刺されるようなことはない。
星が綺麗に見られる。
パクベンの中心まで歩くと10分くらいかかる。

20130729-1.jpg

20130729-2.jpg


Villa Maly(ルアンパバーン)

ナイトバザールの通りまで、5、6分の距離。
ホテルのすぐそばで、オートバイ、自転車が借りられる。
朝食の種類は多くないものの、味は良い。
庭の手入れが行き届いている。
従業員の対応は良く、言葉使いも丁寧。
ニワトリがうるさい。

20130729-3.jpg

20130729-4.jpg


ミレニアムヒルトン(バンコク)

川を渡ったリバーシティーの1階、駐車場脇に両替所、小さなスーパー(TOPS)がある。
ヒルトン側には、コンビニ、薬局、レストラン、マッサージなどあり、思っていたほど不便でない。
ラウンジへのアクセスのある部屋がおすすめ。

20130729-5.jpg

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

バンコク 徐瑞鴻診療所

鶏の声がしないので、久しぶりにゆっくり寝られた。

昼頃、お気に入りの足裏マッサージの店「徐瑞鴻診療所」に出かける。

川を渡り、シェラトンの客待ちをしているタクシーに尋ねてみた。

「スクムビットのsoi36に行きたいんです。
この道をまっすぐ進んで、ラマ4世通りで右折してください。
そして、ラマ4世通りをずっと進んで、スクムビットsoi36で左折です。
soiに入ったら、スクムビット通りに入る手前で、左折です。」

何と、これがキチンと通じたのである。
タイ語学習の賜物。

そして、目的地の徐瑞鴻診療所まで、77Bで着いてしまった。
これなら電車を乗り継ぐより楽だし、値段も遜色ない。

ここのマッサージの痛さは半端ではないが、終わると頭がスッキリする。
今回は足裏に加え、背中も施術してもらう。
終了後は、人に見せられないほど背中が真っ赤になっていた。

行きのタクシーに気をよくし、帰りもタクシーで帰る。
ところが、これが大失敗。
ラマ4世通りが、大渋滞していたのだ。

仕方なくシリキットコンベンションセンターからサームヤーンまで地下鉄に乗り、
そこから再びタクシーに乗る。
リバーシティで降り、川を渡ってヒルトに着いたのが3時半。
実に2時間近くかかった。

その後はもう出かける気にならず、プールサイドでダラダラして過ごす。
折りよくハッピーアワーだったので、ビールを注文し、カーオパット、ハンバーガーを追加する。
これでお腹が膨れてしまい、夕飯はパスする。

20130717-1.jpg

20130717-2.jpg

20130717-3.jpg

20130717-4.jpg

最後にラウンジへ出かけ、ワインでしめる。
明日は3時に起きて、早朝便で帰国。
楽しい時間は、あっと言う間に過ぎてしまうものだ。

20130717-5.jpg

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

バンコク ミレニアムヒルトンへ

今日もまた、鶏に起こされる。

ホテルの周りを散歩し、朝食後、荷物をまとめて空港へ。
空港の敷地に入って、初めてターミナルが新しくなったことに気がつく。
以前の方が、趣があったように思うが、どうだろう。

20130716-1.jpg

20130716-2.jpg

20130716-3.jpg

20130716-4.jpg

そして、ヒルトンに到着。
初めての時のような感動はないが、今回泊まったホテルの中では段違い。

20130716-5.jpg

20130716-6.jpg

コンビニで買い出しをした後、ラウンジへ。
日が暮れる様を、ワインを飲みながら眺めるのは、やはりいい。
来てよかったと思う瞬間だ。

20130716-7.jpg

20130716-8.jpg

ワインを飲んだ後、ホテル近くの「Yok Yor」でシーフードを堪能する。

グンパオ、オースアン、ともに美味。
ホイクレーンを熱がっていたら、殻をむいてくれた。

20130716-10.jpg

20130716-11.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

ルアンパバーン クアンシーの滝

今日も、コケッーの鳴き声で目が覚める。
ベッドから5、6m先で鳴かれ、とても寝ていられない。

朝食後、昨日借りたバイクに乗って、クアンシーの滝へ行くことにする。
レセプションで地図がないか尋ねると、
「まっすぐ進めば、看板があるので分かる」
とのこと。

しかし、道を間違えてしまったようだ。
看板が見当たらない。
そこで、道を尋ねるのだが、これがまったくあてにならない。

「まっすぐ行って左」
「行き過ぎ」
「もっとずっと先」

人によって言うことがまちまち。
1時間半くらいさまよっても道がわからないので、引き返すことにした。
その途中、別の滝を偶然見つけけ、とりあえず寄ることにする。

20130715-1.jpg

20130715-2.jpg

20130715-3.jpg

20130715-4.jpg

20130715-5.jpg

こんな場所に泊まっている人もいるから、驚きである。

来た道を引き返して看板を見つけ、クアンシーの滝に着いたのは昼ごろ。
そして、滝の上部まで行って降りてきたら、土砂降りの雨。
その雨の中を、白人たちは上半身裸になって叫んでいる。

「雨だー」
「滝だー」
「俺を写真に取れー」

全く理解できない。

20130715-6.jpg

20130715-7.jpg

20130715-8.jpg

雨が止むのを待って、ホテルへ戻る。

20130715-9.jpg

夜、ナイトマーケットへ出かけ、お土産を物色。
疲れたので、今日も早くに寝る。

20130715-10.jpg

20130715-11.jpg
posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

ルアンパバーン バイクで街を巡る

早朝、コケッーという鳴き声で目が覚める。
時計を見ると、まだ5時前。
後で分かるが、隣家の鶏がホテルの敷地に入ってきているのだ。
目が覚めてしまったので、朝市に出かける。

20130714-1.jpg

20130714-2.jpg

今日1日、のんびり過ごすことに決め、プールサイドで読書。

20130714-3.jpg

お腹がすいたので、食事。

20130714-4.jpg

夕方になり、ホテル近くでバイクを借りて街の中心へ出かける。
(150,000kip/1日、自転車は20,000kip/1日)

まずは、以前から見たかった、カーン川に架かる橋。

20130714-5.jpg

脇には歩道があり、結構スリリング。

20130714-6.jpg

そこから眺める景色は、なかなかのもの。
ただし、落ち着かない。

20130714-7.jpg

街の中心へ行き、ガイドブックにも載っているマッサージの店、レモングラスサウナへ寄る。
しかし、フットマッサージ(40,000kip/60分)を受けたが、腕はいまいち。

その後、布製品を扱う店「Ook Pop Tok」へ行き、お土産を物色。

その近くに景色の良いレストランが合ったので、そのまま夕食。

20130714-8.jpg

20130714-9.jpg

20130714-10.jpg

20130714-11.jpg

外国人はバイク禁止と聞いていたが、方針が変わったのだろうか。
いずれにせよ、バイクがあると行動範囲が広がりありがたい。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

ルアンサイクルーズ パクベン〜ルアンパバーン

Luang Say クルーズの2日目。
昨日より天気がいい。

20130713-1.jpg

20130713-2.jpg

食事の後、8時に出発。

20130713-3.jpg

20130713-4.jpg

船は順調に3時間程進む。
この頃になると、皆すこし退屈そうに見える。

20130713-5.jpg

20130713-6.jpg

昼前にカム族の村へ立ち寄る。
ガイドの話では、昨日は山地のカム族、今日は低地のカム族とのこと。
織物や米から作った酒が売られている。

20130713-7.jpg

20130713-8.jpg

20130713-9.jpg

20130713-10.jpg

また、村の裏手には綺麗な田んぼが広がる。

20130713-11.jpg

昼食の後、パークオウの洞窟に寄る。
以前も来ているので、お参りだけで済ませる。

20130713-12.jpg

20130713-13.jpg

20130713-14.jpg

午後4時過ぎ、ワットシェントーン近くの船着場に到着。
1泊2日の船旅は、短いような長いような、不思議な感じ。
しかし、意外にも疲れるものだ。

20130713-15.jpg







posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

ルアンサイクルーズ ファイサイ〜パクベン

1泊2日のLuang Say クルーズに出発。
しかし、あいにくの雨。

20130712-1.jpg

8時に、ホテルのカートで国境まで送ってもらうと、クルーズ会社の人が迎えに来ていた。
川を渡ると、ラオス側にも人がいて、まず会社のオフィスに案内される。
そこで入国カードに記入し、隣のイミグレーションで手続きをしてあっさり入国。
至れり尽せり、である。

20130712-2.jpg

20130712-3.jpg

20130712-4.jpg

しかし、パクベンに向け出発したのは、9時45分。
全員が集合するまで結構時間がかかった。

ちなみに、スローボート乗り場の脇から、ひっきりなしにトラックを載せた渡し舟が行き来する。
スタッフの話では、中国からタイへ向かうものとのこと。

20130712-5.jpg

雨のため道中の景色は、さほど良くない。
それでも、皆、そこかしこでカメラを構える。

20130712-6.jpg

20130712-7.jpg

20130712-8.jpg

20130712-9.jpg

が、じきに飽きてしまう。
そうこうするうち昼食。

20130712-10.jpg

昼食後、雨が上がり、カム族の村に立ち寄る。

20130712-11.jpg

20130712-12.jpg

20130712-13.jpg

20130712-14.jpg

20130712-15.jpg

また、しばらく走って午後4時半に、パクベンに到着。

20130712-16.jpg

20130712-17.jpg

20130712-18.jpg

20130712-19.jpg

20130712-20.jpg

20130712-21.jpg

夕食まで付近を散歩し、食後は何もすることがなく、早々と就寝。

20130712-22.jpg

20130712-23.jpg

20130712-24.jpg

20130712-25.jpg
posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

チェンセーンからチェンコーンへ

昨晩、羽田発の深夜便に乗ってバンコクへ。
そのまま飛行機を乗り継ぎ、チェンライへ飛ぶ。
空港からは、予約しておいた車に乗り込み、チェンセーンへ。

最初にここを訪ねたのは、20年前。
まだ道が舗装されておらず、砂埃がひどかった。
メコン川に沿った遊歩道もなく、とにかく何もなかった記憶がある。
当時、写真を撮っておかなかったことが悔やまれる。

次に訪れたのは、5年前の2008年。
洒落たカフェまで出来ていて、街の変貌に驚いた。

そして今回、遺跡は課外授業の生徒で占められていた。
とても感慨にふける状況ではない。
古都の雰囲気ゼロ。

20130711-1.jpg

20130711-2.jpg

そこで、チェンセーン見学は早々に切り上げ、ゴールデントライアングルへ向かう。
展望台から三角地帯の景色を眺めると、少しだけ感動した。
当然のことながら、以前感じたような妖しさはない。
運転手に勧められるまま、オビウム博物館へ寄った後、チェンコーンへ。

20130711-3.jpg

20130711-4.jpg

20130711-5.jpg

14時頃、チークガーデンホテルへチェックインし、昼食を食べに出かける。
その後、バイクを借り、プラーブック博物館を探す。
ところが、モニュメントはあるものの、博物館そのものが見当たらない。
一段低い川沿いに朽ちた建物があり、以前はそれが博物館だったのかもしれない。

20130711-6.jpg

20130711-7.jpg

20130711-8.jpg

夕刻、雨が激しいため、泊まったホテルで夕食。
これが予想外に美味しく、感動した。




posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

旅行の手配

クルーズ会社から連絡が入り、まだ少し空きがあるとのこと。
そこで、一気に旅行の予約を済ませる。

今回は、クルーズ船に乗ってメコン川を下り、ルアンパバーンへ行くのが目的。
飛行機で単純に往復するより費用がかさむ。

航空券は、
行きが羽田-バンコク-チェンライまで、帰りはバンコク-成田。
タイ航空のサイトから購入(60,000円+22,600円)。

ルアンパバーン-バンコク間は、バンコクエアウェイズで移動する。
片道だけの発券は、けっこう割高(192$+41$)。

1泊2日のメコン川クルーズは、418$/人

ホテルは、
・チークガーデンリゾート/チェンコーン 5,526円/泊
・Villa Maly/ルアンパバーン 7,288円++/泊
・ミレニアムヒルトン/バンコク 3,600B++/泊

予算オーバーなので、しばらく倹約しないといけない。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

チェンライの旅行会社

今回の旅行では、チェンライからチェンコーンまで移動し、
翌日、国境を超えてクルーズ船に乗ることになる。

そのチェンコーンまで、チェンライからどう移動するかが悩ましい。
チェンライには朝着くので、寄り道をしながらチェンコーンへ移動したいのだ。

その場合、空港からタクシーで移動するか、
旅行会社に車の手配をお願いするか、どちらかである。

そこで、「チェンライで○○年、日本人経営」をうたう旅行会社に、
チェンセーンへ寄った場合の料金を問い合わせてみた。

すぐに返事が帰ってきたものの、その返信のされ方に驚く。
「2,500B/1台あたり2名様合計 燃料込」
とだけ書かれており、ここを読めとばかりにホームページのリンクが張られている。
そのリンクを辿ると、チェンライ-チェンコーンの送迎料金が上記のごとく記されていた。

いやこちらが知りたいのは、チェンセーンへ寄って観光する場合の料金であるし、
空港から直行するケースである。
空港からチェンコーンのホテルまで1,800Bと書かれたページだってあるので、
チェンライ市内から単純に移動する料金を示されても、どう捉えてよいか分からない。

こちらの意図が通じていないのではと思い、再度問い合わせをする。
すると、今度は先ほどのリンク先のページの料金表を、そのままメールに貼り付けて返されてきた。
まるでこちらがリンク先を見ていないと、言わんばかりである。
こうなると、不親切でなく失礼である。

そして、メールの本文には、単純に送迎をする場合と、
チェンセーン市内で1時間程度の観光をする場合に、料金的な差はないとある。
また、1,800Bは1人で利用する場合の値段とのこと。

しかし、そうした記載はホームページのどこにもないので、問い合わせをしたのだ。
こんな返事の仕方をしなくてもいいのにと、なんとも言えない気持ちになる。

相手からすると、ホームページをよく見ない問い合わせが多いのかもしれない。
しかしそうであっても、随分、手前勝手な対応だ。

相場はつかめたので、車の手配はお願いしないことにした。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

ルアンパバーン行き

早めの休みを取って、ルアンパバーンへ行くことにした。

最初に訪れたのは、2008年9月。
単純にバンコクとルアンパバーンを往復した。
街全体の何とも言えない落ち着いた感じが、とても良かった。

次は、2009年12月。
ビエンチャンに寄った後、ルアンパバーンへ向かった。

3度目となる今回は、タイのチェンコーンからメコン川を下ることにする。
実は、以前からクルーズ船に乗って、メコン川を下ってみたかったのだ。

メコンクルーズという会社が、チェンコーンの対岸の町ファイサイから、
ルアンパバーンまで、Luang Sayという船を走らせている。

その船に乗りたいのだが、申し込みをしたものの返事がなく、困ってしまっている。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年7月 ルアンパバーン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。