2013年01月11日

海外用モバイルWi-Fiルータ

VISAのゴールドカード以上は、海外モバイルWi-Fiルータが割引でレンタルできる。
タイであれば、正規の680円/日から、15%オフの578円/日で利用可能だ。

20130111-1.jpg

今回、先に出発する連れ合いが、ホテルのWi-Fiを設定出来ないだろうと見越して、
レンタルすることにした。

その点、持って行って正解だった。
案の定、ホテルのWi-Fi設定ができず、もっぱら持参したルータを使っていたとのこと。

しかし、このルータには問題があった。
電池が消耗しきっていて、AC電源をつなげておかないと動かないのだ。
モバイルとしての利用は、できないのである。

カスタマーセンターに連絡すると、
・バッテリの端子面をティッシュで拭いてください。
・バッテリを戻して電源を入れ、電源が落ちないか確認してください。
・改善されない場合、バッテリの上面に2つ折りにした名詞を挟み固定してください。
このような改善策が指示される。

20130111-2.jpg

バッテリの消耗でなく、本体との接触不良を疑ったのだろう。
しかし、指示どおり行っても、30分しか電池が持たず、客室内でしか使えない。

バッテリが落ちると、SIMMを抜き差ししなければならず、面倒。
接続のたびに、管理画面にアクセスするのも、煩わしい。
のんびり過ごしたいのに、旅先でこんなやり取りをするのは、馬鹿げている。

いい加減、嫌になって、
「本来の使い方ではないので、返金処理してください。」
とメールする。

折り返し、機器不良なので、請求を見合わせる旨の連絡があった。
この点、誠実に対応してもらえた。

ただ今回は、複数回、現地から連絡した結果であって、
帰国後にクレームを付けても、返金できないとのこと。

ちなみにカスタマーセンターに電話をかけると、留守電になる。
接続できない場合は、どうやって連絡するのだろう。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

ホテルの評価

コンラッドバンコク
駅から遠い。
シャトルバスの間隔が長い。
ホテル内は、清潔で快適。
プールは比較的広く、くつろげる。
ショッピングモールが併設されていて便利。

20130110-1.jpg

20130110-2.jpg

フラマチェンマイ
古くて暗い。
エレベーターが狭く、数も少ないので待たなければならない。
ファイゲーオ通りには、隣のコンドー内を通って行ける。
ナイトバザールまで遠く、渋滞時は移動に時間がかかる。

20130110-3.jpg

ルメリディアンチェンマイ
新しくて綺麗。
ナイトバザール至近。
クラブフロアは山側で、夕日が綺麗。
プールは、午前中は日陰、午後になると日が差す。

20130110-4.jpg

20130110-5.jpg

バブーナビーチフロントリビング(パタヤ)
北パタヤsoi4近く、ビーチに面した立地。
4階以上のシービューがお勧め、低層階は木や電線が視界に入る。
場所によって、WiFiがつながりにくい。
外の音がダイレクトに響く。
個人客の他、ファランの家族連れなども宿泊。
soi4にランドリー、コンビニ、隣に両替、付近に和食の店が多くて便利。

20130110-6.jpg

20130110-7.jpg

ベイビューホテル(パタヤ)
セントラルフェスティバルから徒歩圏内。
ビーチロード、セカンドロードともにアクセス可能。
低いカテゴリは、内装が古くて貧弱。
廊下の音が、室内まで響く。
食事が美味しい。
セカンドロードを挟んだ向かいに、レストラン、ランドリー、コンビニがあり便利。

20130110-8.jpg

20130110-9.jpg

20130110-10.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

タイでの購入品

タイ語キーボード

今回の目的の1つは、タイ語キーボードを購入すること。
講師に教えてもらい、バンコクのセントラルで買ったものが、下の写真。

20130109-1.jpg

これより大きい物はないか店員に尋ねたが、ないとのこと。1,590B。

しかし、使ってみたところ小さすぎた。
そこで、パタヤのセントラルで、アップル製タイ語キーボードを購入。2,390B。

20130109-2.jpg

日本国内で、アップルのキーボードを買うのと、ほぼ同じ値段。
最初からこれにすれば良かったと、少し後悔している。
先のものは、モバイルとして使う予定。

20130109-3.jpg
iPad miniと比べたところ

勉強用タイ映画

20130109-4.jpg
The Letter(เดอะเลตเตอร์ จดหมายรัก)

20130109-5.jpg
Lao Wedding(สะบายดี วันวิวาห์)

20130109-6.jpg
2つで128B

タイ語学習の本

20130109-7.jpg

20130109-8.jpg

パタヤのセントラルの書店で見つけた、ピクチャーディクショナリーのような本。350B。

ドライフルーツ

20130109-9.jpg

パタヤへ行った際に、毎回お土産として購入している。
食後のコーヒーとともに食べるのが、お気に入り。
posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

The Bayview Pattaya

昨日、バブーナから、The Bayview Pattaya(旧サイアムベイビューホテル)へ移ってきた。

日中は、プールサイドでのんびりと過ごす。
ホテルは古くてくたびれているが、ここの食事は美味しい。

プールサイドでは、2時から4時がハッピーアワー。
1つ注文すれば、2つ目はタダとなる。

20130107-1.jpg

ホテルの一番下のカテゴリは、先のバブーナの値段と変わらない。
最初からここにすれば良かったと、少し後悔する。

ホテル前のセカンドロードを渡れば、モーニングセットのあるレストランや、
飲み屋、ランドリー、コンビニなどがあり、便利なことこの上ない。

さらに、セントラルデパートまで徒歩5分である。
そんな訳で、明日の帰国に備えて、セントラルへ買い出しに出かける。

20130107-2.jpg

本屋、バッグのセール、iPadのアクセサリーなどを物色する。
こんなゆったりとした時間も、今日で最後。
帰りたくないなあ、としみじみ感じる。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

日本人旅行者

「日本人って、どうして英語もタイ語も話せないのに、電話で予約してくるの?」

自分は日本人だが、他所さまの行動は分からない。
「どうしてでしょうね。」
と曖昧に答える。

「さんざん説明した後、分かりましたか?って聞くと、
分かりませんって言うんです。

また、説明を繰り返して、分かりましたか?って聞くと、
やっぱり分からないって言うんです。
そのうち、自分の聞きたい事だけ話し始めるんです。」

「聞きたい事って?」
「朝食が含まれているのかとか、値段とか。」

北パタヤsoi5の「姉御」で飲み始めたとたん、こんな質問をされた。
女性はホテルの受付で、日本人の対応に苦慮しているとのこと。

英語もタイ語もできない日本人は少なくないと思うが、
その場合、webで予約するのが普通ではないか。

しかし、結構、電話予約があるらしい。
話せないのに電話をかけるなんて、すごいバイタリティだ。

「それに今日なんて、一度に韓国人の団体が、26組も来たのよ。
騒ぐし、話が通じないし、すごく疲れた。」

年末年始のピークシーズンは、超多忙とのこと。
「カウントダウンに行く元気もなかった。」のだそうだ。
あらためて、フロントに迷惑をかけないよう、気をつけようと思う。

日中は何もせず、プールサイドで過ごした後、この「姉御」で食事。

20130106-1.jpg

20130106-2.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

パタヤの足裏マッサージ

今日もビーチに出て、ぼうっとして過ごす。
すると、昨日のおばさんが見つけて、声をかけてくる。

「ここにいたの。足の裏を綺麗にするでしょう?」
「ええ、お願いします。」
200Bで角質を取り、ツルツルにしてもらう。

「明日はどうするの?マッサージでもする?」
「ホテルを変えるから、マッサージはいりません。」
「何処のホテル?」
「ずっと先のベイビューホテル、セントラルの近くです。遠いですよ。」
「そこまで行くかもしれないわよ。」

なんて言っていたが無理だろう。
セントラルロードを超えた先なのだから。

そのツルツルの足裏を揉んでもらうため、
ウォーキングストリートの入口へ向かう。

入口からセカンドロードにかけて、マッサージ屋が軒を並べている。
目指すのはそのうちの1つ、「オリジナルリフレクソロジーセンター」という店。

自分の知る限り、パタヤで足裏のツボを押してくれる店は、ここしかない。
50分/250Bと、周辺の相場より割高だが、気に入っている。

20130105-1.jpg

20130105-2.jpg

その後、セントラルへ行き、「やよい軒」で食事。
驚いたことに、お茶を頼んだら、甘くないお茶が出てきた。

20130105-3.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

パタヤ・ビーチ

パタヤのビーチは、海岸に隙間なくパラソルを広げ、日陰を作るのが特徴。
日焼けしたくない人にとって、都合がいい。
日中は、そんなパラソルの下で、ダラダラと過ごす。

20130104-1.jpg

20130104-2.jpg

このダラダラ感が、パタヤの魅力かもしれない。
そんな怠惰な人間に合わせて、売り子が徘徊する。

売り子は様々。
下痢気味なので食べ物は頼まず、手足の爪の手入れをしてもらうことにした。
両方で200B。

終了後に、チップ40Bを渡すと、
「さっきのファランは、2時間もマッサージしたのに、20Bしかくれなかったのよ。」
と訴えられる。
40Bは少ないかもと思ったが、ファランのおかげで意外にもプラスの評価。

「明日もここにいるの?」
「多分、昼過ぎにはいます。」
「じゃ、また明日。」

おばさんは、次の客を求めて去って行く。
人間がダメになるくらい、ビーチは心地いい。

20130104-3.jpg

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

パタヤ・Baboona Beachfront Living

パタヤ滞在の前半は、バブーナビーチフロントに泊まることにした。
昨年は、ウォーキングストリート近くの「Baywalk Residence」にして、
客層の悪さに辟易したからだ。

バブーナは北パタヤのビーチロードに面した、soi4近くにある。
付近は飲み屋も少なく、静かだ。
そう泊まるまでは、思っていた。

実際は、朝早くから大型バスのエンジン音が響いてくる。
朝7時にもなると、とても寝ていられない。
ただ、騒音さえ我慢すれば、値段相応だろう。

ピークシーズンで1泊7,000円程度、かつシービューなら、
妥当な気がする。

20130103-1.jpg
日中、部屋からの眺め

20130103-2.jpg
夕暮れ、部屋からの眺め

20130103-3.jpg
ホテル入口
posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

山里の「お節懐石」

チェンマイからバンコクへ移動。

電車を乗り継ぎ、再度トンローの足裏マッサージへ。
おばさん達は憶えていてくれて、気持ちよくツボを押してもらえた。
しかし、やはり痛い。

その後、プルーンチットまで戻り、オークラプレステージに入っている、山里へ。
もしかして正月メニューがあるかもと思い、寄ってみたのだ。

果たしてあるにはあったが・・・、
お節懐石、1,800B。
高い、高すぎる。

ただ、お節料理なんて何年も食べてないので、久しぶりの日本酒とともに堪能する。
食後は空港を経由し、深夜にパタヤへ移動。

20130102.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

お参り

昨晩、飲み過ぎたため、昼過ぎまでプールでくつろぐ。
ルメリディアンのプールから、ステープ山が正面に見える。
山を見ながらプールで過ごすのは初体験だが、なかなかの趣だ。

20130101-1.jpg

夕方、日差しが弱くなった頃、ワットチェディルアンへお参りに行く。
本堂に入ると、七夕の短冊を大きくしたようなものが、いくつも吊るされている。

入り口付近のおばあさんに、どうするのか尋ねると、
自分の干支の下に名前を書いて、吊るしなさいとのこと。
短冊にはフック状の針金が付いていて、棒を使って頭上のロープに引っ掛けるのだ。
短冊の名前は分からないので、後日、講師に聞くことにする。

20130101-2.jpg

20130101-3.jpg

20130101-4.jpg

カクテルタイムでワインを飲んだ後、ナイトバザールのシーフード料理屋へ行く。
山に囲まれたチェンマイではあるが、シーフード料理はなかなかの味。

20130101-5.jpg

20130101-6.jpg

20130101-7.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

4,000Bのガラディナー

ファイゲーオ通りのフラマチェンマイから、ルメリディアンへ移動する。
部屋は段違い。
旧市街とその背後にそびえるステープ山が、部屋から一望できる。
その景色を見ながら、ビールを空け、昼寝してしまった。

20121231-1.jpg

20121231-2.jpg

その後マッサージへ行き、今夜のガラディナーに備える。
もともと、ガラディナーを期待していたわけではない。
ホテルの予約後にメールが届き、強制参加であること、
1人4,000Bであることを知った。
部屋はキャンセルできないので、この際、4,000B分を堪能することにした。

7時過ぎに会場へ行き、フォアグラ、ロブスター、セミエビ、牡蠣など、
高級そうな食材をメインに何皿か平らげる。
ワインは何杯飲んだか分からないくらい、飲んだ。

20121231-3.jpg

20121231-4.jpg

その間、会場では抽選会が行われる。
景品は無料宿泊券。
ガラディナーでよく見かける、ビンゴの景品と比べ実利的だ。
当てた人は、4,000B以上の価値があったろう。

10時半頃、いったん部屋へ戻って酔いを覚まし、12時前に表へ出る。
カウントダウン後は、火事を心配するほど、そこかしこで花火が上がる。

20121231-5.jpg

ナイトバザールの通りは人と車であふれ、道ばたからコムローイがいくつも上がる。
1個100B。
昨日は、50Bで売っていたはず。
「昨日は50Bだったくせに」
などと値切ったりせず、自分も「あけましておめでとう」と書いたコムローイを上げる。

20121231-6.jpg

部屋から、無数に上がるコムローイを眺めて、就寝。

20121231-7.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

サンデーマーケット

早くに目が覚め、プールサイドでダラダラと過ごす。

20121230-1.jpg

その後、空路チェンマイへ。
到着は4時半。

「タイはもう長いんですか?」
ホテルまでの道すがら、こう聞かれた時は、とても嬉しかった。

「いえ、日本に住んでます。」
「じゃあ、以前、タイで働いてたとか?」
「いえ、タイに住んだことはないんです。」
大抵の場合、相手は怪訝な顔をする。

タイに住んでない割には、タイ語を話すのかもしれない。
学習の成果が実感できて、今後の励みになる。

「今日は、サンデーマーケットをやっているので、行ってみたらどうですか?」
運転手のお勧めなので、夕食後に寄ってみる。
予想以上の規模だが、人も多い。
ターペー門からまっすぐ進むと、ところどころ人で渋滞している。

20121230-2.jpg

20121230-3.jpg

しばらくすると飽きてしまい、途中で右折した先が「3人の王様の像」だった。
像の前でしばし休憩し、ホテルへ戻る。

20121230-4.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

除瑞鴻診療所

早朝、スワンナプーム着。
コンラッドにチェックインし、連れ合いと合流。
一眠りした後、行動開始。

今日は寄るところが多く、忙しい。
まず、セントラルへ出かけ、タイ語のキーボードを調達する。
その場でベアリングを行い、店員さんに具合も確かめてもらう。

20121229-1.jpg

次に、伊勢丹にあるシンダイのオフィスへ。
いつも、チケットの手配でお世話になっている会社である。
これまで一度も挨拶したことがなかったので、お土産を手に訪問する。

次に、伊勢丹内の紀伊国屋へ寄り、タイ語の勉強用テキストを探す。
しかし、講師の話しどおり、初級用が多い。
納得できるものはなく、断念。

その後、トンローへ移動し、足裏マッサージの店へ。
ここは、診療所とあるので、単なるマッサージとは違うのかもしれない。
除瑞鴻診療所

最初ウトウトしていたら、激痛で目が覚める。
顔をもたげると、マッサージ師はニヤっと笑い、
「肩。」
と一言。
次に、
「腰。」
更に、
「目。」
結局、痛いところだらけ。
しかし、寝不足の頭はスッキリした。

場所は、スクムビットsoi36に入り、最初のT字路を右折した右手にある。
ちなみに、T字の角には、ヴィエンチャンキッチンというイサーン料理屋。

この足裏マッサージを終えた時点で、もう5時半。
“あるん”さんに教えてもらったエカマイの教科書の店は諦め、6時からのカクテルタイムへ。

20121229-2.jpg

ワインを3杯飲んだら、ソントーンポッチャナーへ。

講師に教わったとおり、
「パイプララームシー、クライクライBigC(ไปพระราม4 ใกลัๆBigC)」
と伝えたところ、
「ソントーン?(ศรทอง)」
と聞き返される。
ソントーンだけで分かるようだ。

20121229-3.jpg

20121229-4.jpg


ホテルへ戻ったのは、10時半。
睡魔に耐えられず、早々に就寝。

posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

出発

恒例の年末年始の旅行。
今年は、チェンマイで年越しをする。

9月に訪れた際、マッサージの女性から、
「カウントダウンは人がいっぱいで、チェンマイはすごいですよー。」
と言われているので、楽しみにしている。

一昨日に続き、おでん屋で一杯飲んでから出発。

20121228.jpg



posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

見送り

予定していた、旅行の出発日。
しかし、都合がつかず日程を変更する。

パークセー、ウボン、チェンマイと周るつもりでいたが、
パークセーとウボンを諦める。

連れ合いには先に出発してもらい、バンコクで合流することになる。
見送りがてら、羽田空港のおでん屋で夕食。

20121226.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。