2014年07月15日

The Teacher's Diary(คิดถึงวิทยา)を見る

字幕なしで映画を見たところ、案の定会話の細部が分からない。
もっともタイ語字幕にしたところで、スピードに追いつけず大して変わりはない。

それでもなんとなく分かったのは、過去に赴任した女性の日記を後から赴任した男性が見つけ、
徐々に惹かれあっていくこと。
しかし、最後の最後まですれ違いなので、このまま二人は交差することなく終わるのかと思った。
その後のエンディングはおくとして、キーワードの1つが「トートーウォー(ถ.ท.ว.)」らしい。
「トゥークティンウィタヤー(ถูกทิ้งวิทยา)の略のようだが、うまく訳せない。
次回、講師に尋ねてみよう。

ところで、テーマソングをYouTubeで調べてみたら、「25 Hours」というグループのもののようだ。
映画の景色とアコースティックな感じがよくあっているように思う。




posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

The Teacher's Diary(คิดถึงวิทยา)が届く

郵便受けに国際小包が届いていた。
開封すると、発売予約をしておいた映画「キットゥンウィタヤー(คิดถึงวิทยา)」のDVDだ。
早速、夕食を食べながら見ることにする。

20140714-1.jpg

20140714-2.jpg

posted by arooy at 00:00| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

Teacher’s Diary(คิดถึงวิทยา)の販売開始

GTHchannelをYouTubeのお気に入りに登録していたところ、
キットゥン・ウィタヤー(คิดถึงวิทยา)のDVDBox予約開始の案内が届く。

そこでeThaiCD.comのホームページをのぞくと、販売自体はしているようだ。
ただし、こちらもDVDBoxのみの販売で59.5$もする

これでは手が出せない。
単体の販売を待つばかりである。

คิดถึงวิทยา


posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

中上級者のためのシャドーイングでタイ語

年明け以降、思うように勉強できないでいた。
仕事の比重が大きすぎて、タイ語に時間がさけない。
社会人の辛いところだ。

それでも、細々とオンラインレッスンを続けている。
最近は、雑誌ワイワイタイランドの中から適当な文章を選び、教材にしていた。
テキストを勉強しても、タイ語の上達に結びつかないと考えたからだ。

ある時、日本語の対訳付タイ語がないか講師に尋ねたところ、
「そういえば、この間、よさそうな本を見かけましたよ。」
とのこと。

「シャードーイングで・・・何だったかな? そんな名前の本だけど、やってみます?」
「ええ、ぜひお願いします。」
「でも、後半はすごく難しいですよ。」

そうした経緯を経て、今日、講師からテキストが届いた。
たしかに後半はすごく難しい。
しかし、久しぶりにやる気が出た。

20140524-1.jpg
日本での入手は難しいかもしれない

20140524-2.jpg
値段は100B

20140524-3.jpg
しかもCD付







posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

ATM part2?

何気なくYoutubeを見ていたら、ATMのミュージックビデオを見つけた。
ATM 2 とあるので、続編が上映されるのかもしれない。
そう思って講師に尋ねると、
「いいえ、ドラマみたいですね。」
とのこと。

よく読むと、確かにTVドラマのようだ。
今月30日からの放映と書いてある。



映画のようなテンポと笑いが展開されるか楽しみだ。
しかし、このドラマを見るにはどうしたらよいか、分からない。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

ワイワイタイランド

タイの情報誌「ワイワイタイランド」という月刊誌を購読することにした。

一定のボリュームを読み飛ばす練習を考えていたところ、
テキストでは、いちいち訳してしまい無理なことが分かった。

そこで選んだのが、「ワイワイタイランド」。
この雑誌のいいところは、日本語とタイ語で同じ内容が書かれていること。
タイ語を読んで分からなければ、いちいち辞書を引かず、日本語を見て見当がつけられる。

ところで今月号はノーンカーイ特集。
奇妙なお寺「ワットサーラーケーオクー」が載っている。

この奇寺という存在に惹かれる人がいるようで、
「タイ・奇寺」で検索すると、ナコーンラーチャシーマーのワットパーラックローイなど、
いろいろな寺が引っかかる。

自分もワットパーラックローイが見たくて、真剣にコラート行きを考えていた時期がある。
懐かしい思いに浸りながら、ダラダラと過ごしていたら、雑誌を読む時間がなくなってしまった。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

Pee Mak Phrakanong(พี่มากพระโขนง)を見る

タイ映画、Pee Mak Phrakanongを見る。

ホラーかもしれないとドキドキしながら見たが、そんなことはなかった。
「ホラータッチの純愛コメディー映画」といった感じの映画だ。

タイ語が十分理解できなくても、面白い映画だとわかる。
興行収入は歴代1位らしい。

特に脇役が素晴らしく、あの言葉の掛け合いを何とかして理解したい。
また、軍隊ダンスと訳されている踊りが笑ってしまう。

YouTubeでゴーンパン(กองพัน)で検索すると、
自らの踊りを披露している人がたくさんいて、人気ぶりがうかがえる。






面白CM


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

エアホステスを34話まで見終える

あらすじの続き。

主人公のリン、その夫のニン、愛人のチェリーの三角関係は、
愛人チェリーがニンの子供を身ごもり新たな局面へ。
というより、更なるドタバタへ。

夫の実家で暮らしていたリンは、実家の隣に家を建てる。
空いた実家に愛人チェリーが転がり込む。
ありえない。

この局面を打開するため夫のニンは、
偽りの離婚証明書を作ってチェリーを騙し、別の場所で暮らそうと嘘をつく。

同時にリンに対して、反省してチェリーは追い出したと嘘をつく。
そして、二重生活が始まる。
当然ながら、この嘘はすぐにバレる。

リンと愛人チェリーがはち合わせになった時の、夫のニンのセリフ。
「今日は何てついてないんだ。」
ついてないのではなくて、もとより無理すじなのだ。

しかし、あまり突っ込んだりせず、
「うまくいくわけないじゃない。」
「そんなことをしたらバレてしまうぞ。」
「あーあ、やっぱりバレてしまった。」
と素直にドタバタを楽しむのがいいのかもしれない。

最後は急ぎ足で親友との仲を修復し、思い出の地シンガポールで、
インと会い、めでたし、めでたし。

後半は話がダラダラとしていたが、ともかく最後まで見終えることができた。
しかしこれでタイ語能力の向上に役立つのかどうか、いささか心もとない。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

Pee Maak Phra Khanong

勉強用のタイ映画、Pee Maak Phra Khanong(พี่มากพระโขนง)が届く。

先日、講師にどうしてマークなのか尋ねたところ、
「男性の方は、マークという名前なんですよ。」
とのこと。

女性がナークさん(ナーンナーク又はメーナーク)なので、
それとの対比で、ピーマークらしい。
タイ語字幕なので、どこまで理解できるかチャレンジである。

一方、同時に注文したstand up comedy 10 の方は、日本語字幕付き。

タイドラマのエアホステスも、まだ8話残っているので、
今週は気合を入れて見なければならない。

20130826.jpg





posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

エアホステスの進捗

34話中、16話まで見終えた。

これまでのあらすじ。
・新人のスチュワーデスで主人公のリンは、
年上のパイロットであるインに惹かれ、よい仲となる。

・しかし、インには妻がおり、2人の仲は破綻。

・一方、インの同僚ニンは女たらしで、インに対抗してリンをものにしようとする。

・同時にニンは、リンの親友にも手を出し、リン、親友、ニンの三角関係になる。

・リンと親友の関係は崩壊。

・ニンの強引なアプローチによって妊娠したリンは、ニンと結婚。

・しかし、ニンの女たらしは変わることなく、新人スチュワーデスのチェリーと浮気。

・そのチェリーは、ニンとの関係を妻であるリンにばらし、
リンとニンの夫婦関係の破綻を自ら画策。

もうここまでで、お腹一杯。
まだ半分以上残っているのに、飽きてしまった。

結局最後は、リンと当初良い仲だったインがくっついて終わりなのだろう。
すぐにも34話を見て、終わりにしたい衝動にかられる。

「事件が次から次へと起きるんですね。でももう飽きました。」
講師にこんな話をしたところ、
「でも、タイ人はこの手の話が大好きなのよー」なのだとか。
「必ず意地悪な人がいて、オカマが出てきて・・・」

確かにオカマが出てくる。
しかし、何がいいのか不可解。
勉強でなければ、投げ出しているところだ。




posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

講師のお勧め(教材)

帰宅後、eThaiCD.comでDVDを注文する。

タイのテレビドラマをやんわりと批判する講師のお勧めは、次の2つ。

@Pee Mak Phra Khanong(พี่มากพระโขนง)
Aโน้ส อุดม : One Stand Up Comedy Number 10

1つ目は、ナークというお化けの話をコメディーにしたもの。
たしか今年上映されたはずで、人気の作品。
講師も「面白かった」とのこと。

2つ目は、ウドムさんという人の独演会。
毒舌でもって世を風刺するもの、らしい。
Number 10とあるように、「10年も続いている」のだそうだ。

「最近あったのは知ってたけど、もうDVDが出てるんですねー。」
と講師は驚いていた。

ちなみに8月31日まで、5%-10%のディスカウント中。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

天使の戦い

タイのテレビドラマ「エアホステス」のDVDが届いた。
(ソンクラームナーンファーสงครามนางฟ้า天使の戦い)

エアホステス~天使のラブウォーズ~ DVD-BOX I / サハラット・サンカプリーチャ, ナムティップ・ジョンラチャタウィブーン, ナワット・クンラットナラック, パーンワート・ヘムマニー, ニティチャイ・ヨットアモーンスントーン (出演); ニポン・ピウネーン, ウィサウェート・ブラナウィッタヤウット (監督)

エアホステス~天使のラブウォーズ~ DVD-BOX I / サハラット・サンカプリーチャ, ナ...

「7カ国語をモノにした・・・」の著者は、こうしたドラマを3日間で見終えたという。
しかし自分にはとても無理だ。

テレビを普段見ないので、画面を見続けることに苦痛を感じる。
1日かけて5話分、225分しか見られなかった。

話しは新人スチュワーデスが、さまざまな男女関のトラブルに巻き込まれるというもの。
くっついたり、離れたり、奪ったり・・・。
友情の破綻、いじめ、裏切りなど、これでもかと続く。
スチュワーデスという設定は必要なのか?と思うほどドタバタ続きである。
講師が言っていたとおりの展開だ。

ともあれ勉強のため、最後まで見るつもりでいる。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

そろそろ再始動

この2ヶ月ほど体調を崩していたが、ようやく正常に近い状態になってきた。
そこで、ほそぼそと続けていた勉強を再開することにする。

とはいえ医者からは、
「無理をすれば再発する。」
と言われているし、
「完治にはまだ1ヶ月はかかる。」
とも言われている。

仕方ないので、この際、ビルマ語はスパッと諦めることにした。
CDエクスプレスだけでも終えたかったが、体を壊しては元も子もない。

完全に体調が戻るまで、焦らずゆるゆると勉強することにする。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

NHK WORLDのスクリプト

ヒアリング練習として聞いているNHKのポッドキャスト。
今頃になって、Radio Japanにタイ語のスクリプトがあることを知った。

「スクリプトがあればなぁ。」
とずっと思っていたが、単に見つけられなかっただけのようだ。

ただし、新しいニュースが配信されると、
前のニュースのスクリプトは、見られなくなってしまうようだ。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

タイ語教材

現在オンラインレッスンで使っているテキストは、『実用タイ語会話2』。
15課まで進んでいる。

表現にやや古い箇所があるものの、内容は気に入っている。
しかし、この先も使うかどうか、ためらいがある。

というのも、テキストの後半は、タイで働く人向けの表現が多いからだ。
事務所、工場、販売会議・・・と続いている。

そんな中、何か良い教材がないものかとネットを彷徨っていたら、
タイ語読本』という教材を知った。
さっそく講師に相談してみる。

「リンク先を見てもらえますか?良さそうな教材だと思うのですが・・・」
「そうですねー、けっこういいかもしれません。」

ということで、今の課を終えた後は、教材を変えることにした。
最近、マンネリ気味だったので、ちょうどいい。

それはそうと、教材を斜め読みしていた講師が、
「三島由紀夫の猫の話が・・・」
と独り言のように話していたが、何のことだかよく分からない。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

Amazonに出品

先週の日曜日、「実用タイ語会話」のカセット1、2をAmazonに出品した。
すると、今日、さっそく買い手がつく。
ありがたいことだ。

ところで、今回売れたのは1の方だが、少し意外である。
てっきり、希少な2の方が、売れるものと思っていた。
なにせ値段は、オークションで手に入れた額の半値に近いのだ。

それはそれとして、帰宅後、梱包し発送する。
しかし、慌てていたため、「おまけ」を入れそびれてしまった。
購入者の方には、自力でデータ化してもらうしかない。

20130123.jpg

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

iPad mini

注文していたiPad miniが届いた。
早速、iPad2からデータを移行する。

もちろん、実用タイ語会話2のMP3ファイルも入れる。
小さくて、軽くて、取り回しがいい。

この小さなボディに、音声だけでなく、
タイ語の映画まで入ってしまうのだから、素晴らしい。
最高の学習ツールだ。

20121212-1.jpg


20121212-2.jpg



posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

フェーンチャン(แฟนฉัน)、その3

タイ語版『フェーンチャン(แฟนฉัน)』が届いた。
eThaiCD.comへ注文してから、約10日だ。

さっそく、タイ語字幕にして再生してみる。
分からない箇所は、一時停止して綴りを確認できるので、勉強になる。

しかし、先日届いたATMも、1回見ただけで、ちゃんと確認していない。
レッスンの宿題もあるし、やりたいことが多くて、時間が足らないのが悩み。

20121126.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

ATMを見る

勉強用のタイ映画、『ATM』を見る。
恋愛禁止の日系銀行に勤める男女が、結婚を機に、どちらが会社を去るか競うというもの。

タイ語字幕で見たが、字幕のスピードについていけず、表現の細かな部分は理解できない。
ただ、テンポが良く、随所に笑いがちりばめられている映画だと分かる。
タイ語レベルをさらに上げれば、きっと楽しめるだろう。

いっそのこと、スクリプトを書き出して、訳してみようかと思案中。

ところで、映画の中では日系企業と分かるように、旭日旗が頻繁に描かれている。
タイの人は、あの旗に対するアレルギーがないのだろうか。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ATM

勉強用のタイ映画『ATM(Er Rak Error)』が届いた。
注文してから、ちょうど2週間といったところだ。

以前、副題のEr Rak Error(เออรักเออเร่อ)の意味を講師に尋ねたところ、
「Error(เออเร่อ)は、英語のエラーから、
Er Rak(เออรัก)のErの部分は、後ろのエラーの音に引っ掛けただけじゃないかなー。」
とのこと。

よく分からないが、映画見れば理解できるかもしれない。
すぐにも見たいが、宿題があるので、パッケージを眺めただけで就寝。

20121119-1.jpg
発送は香港から

20121119-2.jpg
パッケージ





posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。