2014年10月07日

ずるい(ゴーンโกง)その2

今日はオンラインレッスンの日。
前回、ずるい(โกง)話を聞いて検索したとところ、
YouTubeにパロディーがアップされていた。
韓国のずるさを歌にしてしまっている。

「タイの人が韓国のずるいところを歌にしてましたよ。」
「ほんとですかー、あーこの歌ね。」

どうやら元ネタがあるらしい。
結婚式や得度式でよく歌われているのだそうだ。
和やかなメロディーはそういうことかと納得する。

歌詞のキットーンハイダイトーンคิดทองให้ได้ทองには
思わず笑ってしまった。
この箇所をパロディはそのまま使っていて、「金を願えば金メダル」という字幕が付いている。
しかし、韓国の側からすれば、パロディを怒るわけにはいかないだろう。
それでいて、自らの主張はしてしまうのだから、タイ人はしたたかだ。


パロディ「オッパー・チョンチャルーンโอปป้าจงเจริญ」


元の歌「ジャオパープ・チョンチャルーンเจ้าภาพจงเจริญ」
posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406728955

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。