2013年12月31日

アマナプラからヒルトンスクムビットへ

朝、明るくなると自然と目が覚める。
現地に体がなじんできたのかもしれない。

8時半、予約をしていた車に乗り込み、ウーペイン橋へ。
・ホテル-アマナプラ経由-空港の送迎、75$/台。

20131231-01.jpg

20131231-02.jpg
大きな鯉のような魚が取れていた

20131231-03.jpg

20131231-04.jpg

20131231-05.jpg
湖の脇で畑を耕す様子

20131231-06.jpg
橋の途中では、様々なものが売られている

20131231-07.jpg

その後、近くのマハーガンンダーヨン寺院へ。
ここは、お坊さんが一斉に食事をする様子が見られることで有名。
そんな風情を見に来る観光客でごった返す。

20131231-08.jpg

10時15分になると、お坊さんが整列し食事へ向かう。
観光客は列の脇から見学しなくてはいけないが、皆、写真を撮ろうと前へ前へとはみ出す。
道が塞がってしまい、責任者らしいお坊さんが何度も注意するが、改まらない。

20131231-09.jpg

20131231-010.jpg
毎日、こんなことが繰り返されているのだから、お坊さん達はよほど辛抱強いのだろう。
敷地外へ出るのに渋滞する予感がして、写真を撮って早々に空港へ向かってもらう。

20131231-11.jpg
マンダレー空港

20131231-12.jpg
ひときわ鮮やかな、Bangkok Airwaysの広告

20131231-13.jpg
最後にマンダレービールで締める

スワンナプームまで、予定どおりのフライト。
午後5時半頃、ヒルトンスクムビットにチェックイン。

20131231-14.jpg

今回は、ヒルトンポイントを使って1,500.39B++/泊。
3泊で5,000B強ならお得だ。
但し、日本人率が高い。
6時過ぎにラウンジへ行くと席がなく、時間をずらしたところ食べ物がない。
ワイングラスもなく、コップでスパークリングワインを飲む。
20131231-15.jpg
新しいので部屋はピカピカ

20131231-16.jpg
部屋から眺めたsoi24の様子

その後、年越し蕎麦を食べるため、ヒルトン斜め向かいの「そば割烹一芯」へ。
同じように考える人が多いらしく、店内は日本人でいっぱい。
席が空くまで30分ほど待ち、お酒とおつまみセット、ざるそばを注文。
おつまみは美味しいのだが、そばはちょっと・・・。
はっきりと書くのは、はばかれるレベル。

部屋へ戻って休憩した後、カウントダウンはヒルトン屋上のルーフトップバーで迎える。
とても疲れた。

20131231-17.jpg




この記事へのコメント
初めまして。
年末年始に、ヒルトンスクンビットを考えています。
お尋ねしたいのですが、ガラディナーの追加設定があるホテルなのでしょうか?
Posted by Shino at 2014年10月15日 19:25
Shinoさん、初めまして。
私が泊まった時は、ガラディナーなかったです。
Posted by arooy at 2014年10月15日 23:23
ありがとうございました。
ホッとしました。(#^.^#)
Posted by Shino at 2014年10月17日 19:00
もし昨年と違っていたらごめんなさい。
ただ、スクムビットのあの場所でガラディナーをしても、人は集まらないように思います。
なのでガラディナーはないのかも。
どうぞ、素敵な大晦日をお過し下さい。

Posted by arooy at 2014年10月17日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。