2014年01月31日

タイには2つの仏教がある

「仏教を知ればタイ人のことをもっと理解できますよ。」
講師がそう話していたので、ここ数日、仏教に関する本を読んでいる。

「タイ仏教入門」
著者はタイ研究の大家「石井米雄」さん。
平易で読みやすい。
もっと早くに読んでおくべきだった。

タイ仏教入門 (めこん選書 1) [単行本] / 石井 米雄 (著); めこん (刊)

タイ仏教入門 (めこん選書 1) [単行本] / 石井 米雄 (著); めこん (刊)

「タイは仏教国だ」
と言う場合の仏教には2つの側面、すなわち出家集団(サンガ)の仏教と在家者の仏教がある。
そうであるにもかかわらず、仏教国とひとくくりにされるのには訳がある、というのが著者の主張だ。

もとより、上座仏教の本筋は出家集団のはずだが、
サンガが変わらず存続するには在家者の支えが必要となる。
しかし在家者は単に支えるのではなく、サンガを支持するメリットがあるというのだ。

それらが、発祥の地インドで消滅した仏教が、スリランカ、ミャンマー、タイ、ラオス、カンボジアで、今なお確たる位置を占めている理由とのこと。

論理的な主張で、読んでいて心地いい。
在家者の仏教は、タンブンの宗教という点には思い当たる節がある。

「大部分の人々は、タンブンの宗教を、いわば与えられた生活様式として受け入れ、それに順応した日々を過ごしているのである。彼らにとって仏教とは、タイ的な生き方そのものであり、そのなかにおいて最も安らぎをおぼえるところの世界である。」p.182

まったくそのとおり。

ちなみに、タイ語学習に行き詰まったら、こちらがお勧め。

道は、ひらける―タイ研究の五〇年 [単行本] / 石井 米雄 (著); めこん (刊)

道は、ひらける―タイ研究の五〇年 [単行本] / 石井 米雄 (著); めこん (刊)



posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

エーラワンの祠

今日はオンラインレッスンの日。
引き続き仏教がらみの質問をしてみる。

「ラチャプラソン交差点にあるエーラワン像って、仏教とは関係ないんですね?」
「そうなんです。たしかヒンドゥーだったかなあ。」

「本によると、もともとはホテルの土地神(プラプームพระภูมิ)だって・・・。」
「名前があって、サーンプラプロムエーラワン(ศาลพระพรหมเอราวัณ)だったかな。」

ホテルの名前のエーラワンが、インドラ神の乗り物である巨像を意味することから、
その土地神は、四面の梵天像になったのでは、と書かれている。
仏教徒ではあっても、プラプロム詣をするらしい。
土地神かヒンドゥーであるか、大した問題ではないようだ。

「そうそう、もし行くことがあっても、像の前でドークマイトゥープティアン(ดอกไม้ธูปเทียน)を買わないでくださいね。セットで1,000Bも取られるそうです。」
「ええっ! 1,000Bですか?」
「でも中に入ると20Bで売ってますから。」

なんと50倍のぼったくりだ。
仏教徒ではあっても、いい人とは限らないのである。






posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

ブン(บุญ)を分ける

講師に仏教の本を読んだ感想を話してみる。

「タムディーダイディー(ทำดีได้ดี)って言うけど、
実のところタムブンダイブン(ทำบุญได้บุญ)だって書いてありました。」
「そうそう、タムブンすることでブン(いいこと)が得られるんです。」

「必ずしも、来世のブンを願っているわけではないんですね。」
「現世でもいいことが得られるんです。例えば、私が誰かと喧嘩をしたとして・・・。」

講師が言うには、喧嘩別れしてしまった相手がいた場合、
その人にも自分のブンの一部を分けてあげられるのだそうだ。
分けてあげることが良い行いであり、また自分に返ってくるとのこと。

それを、ペー・スワンブン(แผ่ส่วนบุญ)と言うのだそうだ。

これまでタイの仏教は来世のことを願うものだとばかり思っていたが、
現世利益的な側面も強いようだ。



posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

象の前脚(チャーンタオナーช้างเท้าหน้า)

今日はオンラインレッスンの日。

テキストの題材はタイの家族。
父親の存在が大きいと記述されている。

「こういうのをタイでは、チャーンタオナー、チャーンタオランって言います。」
と唐突に講師が言う。
音として聞き取れてはいるものの、にわかに意味が分からない。
「えっ、チャーンタオナーですか?」

困った顔をしていると、講師から文字が送られてきた。
「ช้างเท้าหน้า ช้างเท้าหลัง(象の前脚、象の後脚)」

「あっ、象の脚のことですね。・・・」
しかし意味は分かっても、意図が分からない。
きょとんとしていると、
「象の後脚は前脚より前に出ることはないですからね。」

どうやら象の前脚を父親に見立てて、象の脚の動きで
男性優位のタイ社会を表現しているらしい。
日本にも「女性は3歩下がって・・・」なんて表現があるが、タイも同じようだ。

ところでテキストには、タイは末子相続のようなことが書いてある。
兄弟の上の方から順に家を出ていき、残った末っ子や末っ子の配偶者が、
両親の面倒をみるらしい。

「今もそうなんですか?」
「そうかもしれないけど、今は結婚しないで家に残っている人が多いから、
末っ子が両親の面倒を見るとは限らないですよ。」

日本と同様、タイも少子化のようだ。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

托鉢僧に布施をする(タックバートตักบาตร)

タックバート(ตักบาตร)とタムブン(ทำบุญ)の違いが分からなかったので、講師に尋ねてみる。

「タックバート(ตักบาตร)は、朝、お坊さんにご飯や花をあげることです。
ほら、タック(ตัก)は、これですから。」
画面の中で、ご飯をよそうまねをしている。
「タムブン(ทำบุญ)は、お寺でお坊さんに食べ物やお金をあげることです。」

そうすると、タックバート(ตักบาตร)は、「お坊さんにご飯を提供する」ということのようだ。
一方、タムブン(ทำบุญ)は、「お坊さんに物をあげる行為」らしい。

辞書では、タムブン(ทำบุญ)を「功徳を積む」とも書いてあるが、
日本語の「功徳を積む」は、タムブン(ทำบุญ)より広い意味のように感じる。

それはそうと、講師の話は続く。
「ナコーンシータマラートから出てきて、バンコクのお坊さんは、楽だなあって思いました。」
「どういうことですか?」

「お坊さんは普通、朝、歩いてまわりますよね?
でもバンコクのお坊さんは、座ってご飯を待っているんです。」

「えっ、じゃあタックバート(ตักบาตร)は?」
「タックバート(ตักบาตร)する方が歩いて行くんです。」
「・・・。」
朝早く着いた時、お坊さんが歩いているのを見たことがあるが、黙っておいた。

「それからね・・・・。」
言う前から笑いを抑えかねてるようだ。

「今は、タックバート(ตักบาตร)用のセットが売ってるんです。
それで、それを買ってお坊さんに渡す人もいるんです。」
「随分便利ですね。」

「でも、古い食べものを安く買って、そのセットに入れて売る人がいたんです。
それで、お坊さんが下痢になってしまったって、ニュースでやっていて・・・。」
「えっ、それって・・・。」
空いた口が塞がらない。

「だからね。よくタイ人は仏教を熱心に信仰しているから、いい人ばかりなんて言う人がいるんだけど、
そんなことは絶対ないですから。」

「そうですね。悪い人はどの国にもいますから。」
「そうそう。タイの仏教を勉強すると、タイ人のことがもっとよく分かりますよ。」

タイの仏教について読まずにいた本を、この際読んで見ることにする。

posted by arooy at 00:00| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

アジアミュージックネットワークを見る

帰宅後、録画しておいたアジアミュージックネットワークを観る。

予想どおり、タイのBMMFが取り上げられていた。
会場の様子を見ると楽しそうだが、これを観るためにタイへ行くことは、多分ないだろう。

タイの音楽はおろか日本の音楽にも疎い自分だが、気になる曲があった。
インリー・シーチュムポン(หญิงลี ศรีจุมพล)さんと言うらしい。

タイでよく聞くリズムにポップスが混ざったような印象だ。
リンクをたどると、Asia Music.Netというサイトに解説が載っている。
曰く、「ここ数ヶ月にタイを訪れていたら、必ずこの曲を聴いたはずです。」

気づかなかったなあ。
番組で紹介されていた曲は、YouTubeで探すことができた。



それとは別に、同じサイトの中で見つけた、25 hoursというグループの曲も面白かった。
解説によると、「ここ2〜3年で急成長したバンド」とのこと。
MVの色づかいが、とても印象的である。
これもYouTubeで見つけられた。







posted by arooy at 00:00| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

露(ナムカーンน้ำค้าง)

今日はオンラインレッスンの日。
「今夜はここに泊まることにしよう(คืนนี้เราค้างที่นี่ก็แล้วกัน)」という例文があった。

「泊まるってカーン(ค้าง)でしたっけ?」
「ええ泊まるです。残るって意味もありますけど、
例えば、仕事が残っている(ミーンガーンカーンユーมีงานค้องอยู่)です。」

「ああ、そうだったかもしれません。」
(最近、物忘れがはげしい)

「じゃ、ナムカーン(น้ำค้าง)はわかりますか?」
「うーん、分かりません。」
「確か日本語は・・・しずくかなあ?」
「えっ雫?」
どうやら露の意味らしい。残った水ということになる。

「しずくにはこんな表現があるんです。
ドーンナームカーンディアオペンワット(โดนน้ำค้างเดี๋ยวเป็นหวัด)」

「ドーンって?」
「当たるです。」

「しずくにあたると風邪を引く、ですか?」
「そうそう。」

「日本語にも似たのがあります。夜露は体に悪い、だったかなあ。」
「似てますね。じゃ、ドーンジャイ(โดนใจ)は分かりますか?」

「心に当たる?・・・分からないです。」
「心に強く・・・で、お気に入りの店とか、ほしい服とか。
よくCMであります。
アロイドーンジャイ(อร่กยโดนใจ)アライアライ・・・って言ってますよ。」

今日は、連想ゲームのようなレッスンだった。
posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

神様との約束(ボンบน)

テキストにボンバーン(บนบาน)という動詞が載っていた。
「(บนบานสิ่งศักด์สิทธิ์)神聖な物に願かけをする」と訳されている。

「ふーん、そうなんだ」くらいの気持ちでいたところ講師が言う。
「このボン(บน)は、神様との約束なんです。」
「えっ?」
「もし願いが叶ったら、お礼に何かをしますっていう約束なんです。」

「てっきり、○○しますようにっていう、お願いかと思ってました。」
「その場合は、コーポーン(ฃอพร)です。」
「そうすと日本の場合は、ほとんどコーポーンですね。
願いが叶ったら何かをしますっていうお願いは、あまり聞きません。」

後で調べるとบนบานは、
「霊験あらかたなものに、願いが叶えられれば、これこれのお礼をすると誓って願をかける」
となっている。
一方、ฃอพรは、「祝福を乞う」である。

なので、บนบานの場合、願いが叶わなければ、お礼はしないのだそうだ。
また、บนบานではなく、単にบนの方が一般的とのこと。





posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

追っかけ(タームシンラピンตามศิลปิน)

今日はオンラインレッスンの日。
NHKでタイポップスが取り上げられるかもしれない話を、講師に振ってみる。

「日本の番組で、Big Mountain Music Festival の様子を
放送する見たいなんですけど、このことですかね?」
URLを送ると、画面の中で講師が頷いている。

「うん、多分そうでしょうね。私は行ったことないけど。
そういえば、友達が以前話してました。野外コンサートらしいですよ。」

その友人の話では、人が多くて、酔っ払いで、汚くて、トイレが少なくて、暑くて大変とのこと。
ほぼ全否定だ。

「そうそう、トイレと言えば、トイレのバスがあるけど狭くて大変なんです。」
「えっ、トイレのバス?」
ロットスカー(รถสุขา)と言うのだそうだ。
そうか、スカー(สุขา)ってこういう時に使うのだと妙に納得する。

「日本にはないです、そういうバスは・・・、
ところで、日本人の中にも、このコンサートに行ってる人がいるみたいですよ。」
講師が、うんうんと頷いている。
「そうでしょうね。私の知り合いの日本人もタイ人の女性歌手が大好きで、
どんな小さなコンサート・・・、パブとかでも必ず行くんですよ。」

「日本語だと、追っかけって言います。」
「タイ語はタームシンラピン(ตามศิลปิน)です。」
「シンラピン(ศิลปิน)ってシンラパศิลปのシンですか?」
「そうです。そのシンです。」
「日本語の追っかけより、言葉は良さそうですね。アーティストについていくですから。」
「うーん、どうかなー。」

その後、トイレバスの話から卒業式にもトイレバスが来る。
デモにも来るけど、誰がお金を払っているのか、などなど。
話が脱線しすぎて、テキストはほとんど進まなかった。

posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

タイミュージックをNHKが

NHKが近頃「ASIA MUSIC NETWORK」という番組を放映している。
その第3回では、「Big Mountain Music Festival」を取り上げるそうだ。

「あれ、もしかしてこれは・・・フォートラベルの旅行記で見かけたやつかもしれない。」

さっそく確認してみると、旅行記では「KAMIKAZEメンバーがうんぬん」と書いてある。
「ああ、KAMIKAZEってそういうことだったのか」

実は昨年、「Best of the Year 2013」というCDをDVDと間違えて買ってしまい、
曲と歌手を一致させるため、Youtubeで確認したことがあったのだ。

その際「KAMIKAZE」という言葉が何度も出てきて、不思議に思っていたのである。

それはともかく、NHKで取り上げるのが「BMMF5(Big Mountain Music Festival 5」だとすると、
CD収録の歌手が見られるかもしれない。

放送は、BS1で1月24日(金) 19:25から。

20140118.jpg

posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。