2013年01月31日

略語

今日はオンラインレッスンの日。
政治関連の用語が、ぞろぞろと出てくる。
政治の会話などしたことがないで、新出語彙ばかりだ。

とりわけやっかいなのが、略語。
元の語を知らないのだから、分かるはずがない。

ソーウォー、上院議員の略。
ส.ว.(สมาชิกวุฒิสภา)

ソーソー、下院議員の略、国民を代表する人という意味のようだ。
ส.ส.(สมาชิกผู้แทนราษฎร)

ポーローポー、法律の略。
พ.ร.บ.(พระราชบัญญัติ)

コーローモー、内閣の略。
ครม.(คณะรัฏมนตรี)

プーワーと言えば、後半を言わなくても知事の意味になるのだそうだ。
ผู้ว่า(ผู้ว่าราชการจังหวัด)

最後にバンコクの略。
กทม.(กรุงเทพมหานคร)

とここで旅行中の出来事を思い出す。
「そういえば、買い物をしていたら1,500バーツを、パンハーローイって言ってました。」

「そうそう、1は言わない場合が多いですね。
人によっては、ローイも言わずに、パンハーとだけ言います。」

「その場合、1,005と間違えないんですか?」
「1,005って言う値段の付け方はないので、1,500のことだって分かります。」

略語はとても難しい。


posted by arooy at 00:00| バンコク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

ミャンマーの農村

「ミャンマーの国と民」という本がある。

同書によると、ミャンマーの人口は約6,000万人。
うち村落に居住する人口は、その4分の3とのこと。
村に焦点を合わせた本は初めてなので、購入してみた。

ミャンマーの村と村人についての描写が詳しい。
墓についての話しなど、ビルマ語教室で教わったとおりだ。
しかし読み進めると、単にミャンマーの村を紹介する、
という本でないことが分かる。

日本の悪しき共同体の村を克服するには、ミャンマーの村落コミュニティーが、
参考になるというものだ。
そんな主張が、最後に出て来る。

あとがきでは、「民の公共」なんていう言葉が唐突に紹介される。
ミャンマーと日本の比較から、そんな考えが導かれるとは、意外だ。

公と私がダメだから、それを媒介する公共を提示したところで問題解決にならない、
という趣旨には賛同できる。

しかし、「民の公共」ならなぜ良いのか、まったく分からない。
公共と「民の公共」は、どこが異なるのか。
そもそも、公と公共は異なる概念なのか。
公がダメであれば、公を鍛えるしかなく、私を生かすための公でしかないのではないか。

そんな疑問が、頭の中をぐるぐると回る。
後半は読んでいて辛かった。
文体の暗さも馴染めなかった。

ミャンマーの国と民 [単行本] / 高橋 昭雄 (著); 明石書店 (刊)

ミャンマーの国と民 [単行本] / 高橋 昭雄 (著); 明石書店 (刊)


posted by arooy at 00:00| バンコク ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

Amazonに出品

先週の日曜日、「実用タイ語会話」のカセット1、2をAmazonに出品した。
すると、今日、さっそく買い手がつく。
ありがたいことだ。

ところで、今回売れたのは1の方だが、少し意外である。
てっきり、希少な2の方が、売れるものと思っていた。
なにせ値段は、オークションで手に入れた額の半値に近いのだ。

それはそれとして、帰宅後、梱包し発送する。
しかし、慌てていたため、「おまけ」を入れそびれてしまった。
購入者の方には、自力でデータ化してもらうしかない。

20130123.jpg

posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

番組(รายการ)、チャンネル(ชอ่ง)

今日はオンラインレッスンの日。
旅行中、DVDを買った話しをする。

「映画が2つで128Bだったんです。ところで、2つで・・・って何て言いますか?」
「ソーンルアン(2เรื่อง)です。ストーリーです。」

関連して、番組とチャンネルを教わる。
番組を数えるには、ラーイガーン(รายการ)。
チャンネルを数えるには、チョン(ชอ่ง)を使うのだそうだ。

また、
「タイのテレビ番組で勉強するなら、Thai PBSはニュース、
チャンネル3と7は、ラコーン(ละคร)が多いですよ。」
とのこと。

レッスン後に見てみたが、回線が細いためか、全然見られない。
その代わり、mcot.netというサイトを見つける。
なんと「欽ちゃんの仮装大賞」を流していて、欽ちゃんが若くて驚いた。


posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

厄年(ピーチョンปีชง)

今日はオンラインレッスンの日。

チェンマイのワットチェディルアンで見かけた、短冊のようなものは何か尋ねる。

「タンブンだと思います。」
固有名詞は分からないそうだ。

「北部の様式かもしれませんね。バンコクでは見かけません。」
とも言っていた。

「自分の干支の下に名前を書くように言われました。」
「厄年(ปีชง)と関係あるのかもしれませんよ。」

「日本だと神社に行きますが・・・。」
「タイにも有名なサーンジャオ(ศานเจัา)があって、私も行ったことがあります。」

話を聞くかぎり、厄除けをするには、寺でなく神社に行くらしい。
「でも、チェンマイでは寺になるんですか?」
「よく分かりません。北の方はバンコクとは違うので、寺なのかもしれません。」

結局のところ、よく分からないようだ。

ちなみに、タイの干支では、日本の「猪」に当たるのが「豚」とのこと。


posted by arooy at 00:00| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

飲み放題(トゥームダーイマイアンเติมได้ไม่อั้)

「チェンマイでは、どこへ行きましたかー?」
と講師に尋ねられた。

「あまり出かけなかったんです。ガラディナーもあったし、飲み過ぎましたから。
ホテルでは、飲み放題だったんです。」

「飲み物は何ですか?ビールですか?」
「ビールも、ワインも、カクテルもありました。」

と、ここで、飲み放題はタイ語で何というか気になり尋ねてみる。
「トゥームダーイマイアン(เติมได้ไม่อั้)です。」
とのこと。

「このアン(อั้น)は我慢するって意味です。
子供におしっこを我慢しなさいって言う場合、アンチー(อั้นฉี่)です。」

「すると、我慢することなく注ぐことができる、で飲み放題ってことですか?」
「そうです。又は、トゥームダイタロート(เติมได้ตลอด)ですね。」
こちらは、ずっと注ぐことができる、ということだろう。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

キノコ(ヘットเห็ด)

タイ語でキノコはヘット(เห็ด)。
ただ、一口にキノコと言っても種類はたくさんある。

旅行中、MKへ行った際に覚えたものが、3つ。
しいたけ(ヘットホームเห็ดหอม)、良い香りのキノコ。
キクラゲ(ヘットフーヌーเห็ดหูหนู)、ネズミの耳のキノコ。
白キクラゲ(ヘットフーヌーカーオเห็ดหูหนูขาว)、白いネズミの耳のキノコ。

次いで、えのきのバター炒めを食べて、えのきを覚えた。
えのきだけ(ヘットケムトーンเห็ดเข็มทอง)、金色の針のキノコ。
バター炒めは、パットヌーイ(ผัดเนย)。

講師によれば、昔からあるキノコは、他にしめじくらいとのこと。
しめじ(ヘットナーンファーเห็ดนางฟ้า)、天女のきのこ。

ちなみに、タイ人は天女が好きで、人を褒める際は、次のように言うのだそうだ。
スワイムアンナーンファー(สวยเหมือนนางฟ้า)、天女のごとく美しい。

また、最近食べるようになったのは、エリンギ(ヘットエーリンジเห็ดเออรินจิ)。
マッシュルーム(ヘットグラドゥムเห๊ดกระดุม)、ボタンのキノコ、
を食べることはほとんどなく、ピザに乗っているのは缶詰ではないかとのこと。

さらに、舞茸(ヘットパオフーเห็ดเบ๋าฮื้อ)、アワビのきのこ。
松茸(ヘットソンเห็ดสน)、松のきのこ。

日常接するキノコは、このくらいかと思われる。

今日は久しぶりのオンラインレッスン。
キノコの話で、大半を費やした。

posted by arooy at 00:00| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

海外用モバイルWi-Fiルータ

VISAのゴールドカード以上は、海外モバイルWi-Fiルータが割引でレンタルできる。
タイであれば、正規の680円/日から、15%オフの578円/日で利用可能だ。

20130111-1.jpg

今回、先に出発する連れ合いが、ホテルのWi-Fiを設定出来ないだろうと見越して、
レンタルすることにした。

その点、持って行って正解だった。
案の定、ホテルのWi-Fi設定ができず、もっぱら持参したルータを使っていたとのこと。

しかし、このルータには問題があった。
電池が消耗しきっていて、AC電源をつなげておかないと動かないのだ。
モバイルとしての利用は、できないのである。

カスタマーセンターに連絡すると、
・バッテリの端子面をティッシュで拭いてください。
・バッテリを戻して電源を入れ、電源が落ちないか確認してください。
・改善されない場合、バッテリの上面に2つ折りにした名詞を挟み固定してください。
このような改善策が指示される。

20130111-2.jpg

バッテリの消耗でなく、本体との接触不良を疑ったのだろう。
しかし、指示どおり行っても、30分しか電池が持たず、客室内でしか使えない。

バッテリが落ちると、SIMMを抜き差ししなければならず、面倒。
接続のたびに、管理画面にアクセスするのも、煩わしい。
のんびり過ごしたいのに、旅先でこんなやり取りをするのは、馬鹿げている。

いい加減、嫌になって、
「本来の使い方ではないので、返金処理してください。」
とメールする。

折り返し、機器不良なので、請求を見合わせる旨の連絡があった。
この点、誠実に対応してもらえた。

ただ今回は、複数回、現地から連絡した結果であって、
帰国後にクレームを付けても、返金できないとのこと。

ちなみにカスタマーセンターに電話をかけると、留守電になる。
接続できない場合は、どうやって連絡するのだろう。


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

ホテルの評価

コンラッドバンコク
駅から遠い。
シャトルバスの間隔が長い。
ホテル内は、清潔で快適。
プールは比較的広く、くつろげる。
ショッピングモールが併設されていて便利。

20130110-1.jpg

20130110-2.jpg

フラマチェンマイ
古くて暗い。
エレベーターが狭く、数も少ないので待たなければならない。
ファイゲーオ通りには、隣のコンドー内を通って行ける。
ナイトバザールまで遠く、渋滞時は移動に時間がかかる。

20130110-3.jpg

ルメリディアンチェンマイ
新しくて綺麗。
ナイトバザール至近。
クラブフロアは山側で、夕日が綺麗。
プールは、午前中は日陰、午後になると日が差す。

20130110-4.jpg

20130110-5.jpg

バブーナビーチフロントリビング(パタヤ)
北パタヤsoi4近く、ビーチに面した立地。
4階以上のシービューがお勧め、低層階は木や電線が視界に入る。
場所によって、WiFiがつながりにくい。
外の音がダイレクトに響く。
個人客の他、ファランの家族連れなども宿泊。
soi4にランドリー、コンビニ、隣に両替、付近に和食の店が多くて便利。

20130110-6.jpg

20130110-7.jpg

ベイビューホテル(パタヤ)
セントラルフェスティバルから徒歩圏内。
ビーチロード、セカンドロードともにアクセス可能。
低いカテゴリは、内装が古くて貧弱。
廊下の音が、室内まで響く。
食事が美味しい。
セカンドロードを挟んだ向かいに、レストラン、ランドリー、コンビニがあり便利。

20130110-8.jpg

20130110-9.jpg

20130110-10.jpg


posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

タイでの購入品

タイ語キーボード

今回の目的の1つは、タイ語キーボードを購入すること。
講師に教えてもらい、バンコクのセントラルで買ったものが、下の写真。

20130109-1.jpg

これより大きい物はないか店員に尋ねたが、ないとのこと。1,590B。

しかし、使ってみたところ小さすぎた。
そこで、パタヤのセントラルで、アップル製タイ語キーボードを購入。2,390B。

20130109-2.jpg

日本国内で、アップルのキーボードを買うのと、ほぼ同じ値段。
最初からこれにすれば良かったと、少し後悔している。
先のものは、モバイルとして使う予定。

20130109-3.jpg
iPad miniと比べたところ

勉強用タイ映画

20130109-4.jpg
The Letter(เดอะเลตเตอร์ จดหมายรัก)

20130109-5.jpg
Lao Wedding(สะบายดี วันวิวาห์)

20130109-6.jpg
2つで128B

タイ語学習の本

20130109-7.jpg

20130109-8.jpg

パタヤのセントラルの書店で見つけた、ピクチャーディクショナリーのような本。350B。

ドライフルーツ

20130109-9.jpg

パタヤへ行った際に、毎回お土産として購入している。
食後のコーヒーとともに食べるのが、お気に入り。
posted by arooy at 00:00| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年12月 バンコク・チェンマイ・パタヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。