2011年09月29日

いつもどおり元気な講師

今日は、木曜日が定例日のレッスンの日。
講師は、いつも以上に元気な様子である。


「生じる、起きる」という意味のเกิดの箇所では、
「日本では、地震が頻繁に起きますか?」
との質問に対し、
「ちょうど7時頃、地震がありました。」
と答えると、目を丸くしている。
地震の経験がほとんどないので、実感がわかないのかもしれない。


続けて、
「今、タイは洪水が起きてます。特に北部が大変です。バンコクは多分、大丈夫。」
と、実に楽しそうに話すのだが、レッスン後に調べて見ると、チェンマイではピン川が氾濫し、ナイトバザールの通りも膝まで浸かっているという。


次の文型ก็เลยの箇所では、
「ก็เลยは、原因+ก็เลย+結果になります。例えば、レッスンの前にご飯を食べていないので、お腹がすいています。のように使います。」
と言うなり、ニヤリとしていた。
いじられているのかもしれない。


最後に、講師がホアヒンへ行く話になり、
「ホアヒンではどこに泊まっていましたっけ?」
「ヒルトンです。」
「私は、ヒルトンではなくて、ヒルトンの近くに泊まります。ヒルトンは高いですから。ヒルトンのすぐ近く、海が見える所です。」
ジェスチャーを交えながら、ヒルトンの近くを力説していた。


最後は予想どおり、
「ご飯食べてくださいね」
で終わった。
今日の進捗は3ページ。

posted by arooy at 16:38| Comment(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

予約が取れない

前回とは別の講師で続きのレッスンを受ける。
この場合、講師の質問は前回の続きからでなく最初から始まるので、話が脱線しないように注意しなければならない。
そうしないと時間内に終わらず、また継続となってしまうからだ。
今日は、質問されたことだけに答えていたら、時間が余ってしまった。
なかなかうまくいなかいものである。


うまくないと言えば、先月同様に、レッスンの予約が取りづらくなっている。
ホームページを見ると、大学の期末テスト期間に入った由。
これでは、1月に15回のレッスンなんて、ほとんど不可能だろう。
来月から検定試験の勉強を始めるつもりなので、このレッスンは見切りをつける頃合いなのかもしれない。
木曜日が定例のレッスンを週2回にして、他の日は試験勉強にしようかと思う。

posted by arooy at 14:19| Comment(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

今後の参考のために・・・

今日は前回と同じ講師で20:00時からレッスン開始。
急いで家に帰りスカイプを立ち上げると、5分前にメッセージが送られて来た。
「今後の参考とするため、本日のレッスン中の会話を録音させていただけませんか。」
会社からの依頼により講師が送ってきたものだ。
「了解しました。OKです。」
と返信したところ、
「実は私も緊張しているんです。今日もよろしくお願いします。」
とすかさず返事があった。
日本語が上手である。
自分のタイ語レベルも同じくらいに引き上げたい。


会話では、
「タイの北部でどこに行ったことがありますか?」
「チェンマイとチェンライとメーホンソンに行ったことがあります。」
「メーホンソンでは何を見ましたか?」
「お寺を見ました、メーホンソンには2つ有名なお寺があります。」
「他に何を見ましたか?」
「メーホンソンは霧で有名ですが、私は見ていません。」
と、脱線しまくりになってしまった。
多分、参考にはならないだろう。


結局、今日の分は終わらず、
「引き続き今日の残りをやりましょう。また、会いましょうね。」
ということになったが、この講師のエントリーは一週間の間にない。
仕方なく、続きは新しい講師と行うことになる。
レッスンの内容以前に、講師を固定化すべきだと、つくづく思う。

posted by arooy at 15:02| Comment(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

生活の音

オンラインレッスンを受けていると、背景の音が聞こえてくる。
一番多いのはモーターサイの音。
日本で聞くとうるさいだけだが、スカイプ越しに聞くと懐かしさを感じる。


今日の音は、犬の鳴き声。
タイの時刻では午前8時なので、涼しくて元気な時間なのだろう。
途中で、講師の声が聞き取れないくらい犬が吠え始めた。
「ちょっと待ってくださいね」
と言うなり、家の中に向かって何やら声を張り上げている。
続いて、ドタタッという足音。
「犬を静かにさせて!」とでも言って部屋を移動したのかもしれない。
パソコンに向かって話す講師と、その脇で吠える犬の姿を想像すると、笑いがこみ上げてくる。
「すみませんでした。」
「大丈夫ですか?」
「もう、犬がうるさくて・・・」


背後の音からタイの生活を想像すると、何ともほのぼのとした気持ちになる。

posted by arooy at 14:45| Comment(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

お帰りなさい

1か月3,990円のレッスンが、気が付いたら3か月目に入っていた。
前月は5回しか受講していないので、1回当たり約800円の計算になる。
これでは単価が高すぎる。
もっと回数をこなさないといけない。


今日のレッスンは約3週間前の続きのため、最初からやり直し。
旅行の話などで脱線したため、最後まで終わらずに次回へ繰り越し。
とても効率が悪いので、レッスンは間を開けずに受けなければと再認識する。


教科書とは関係なく「ต้อนรับกลับบ้าน」という言葉を習った。
意味を尋ねると、「お帰りなさい」とのこと。
一瞬、癒されてしまった。

posted by arooy at 12:17| Comment(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

いつもどおりのレッスン

木曜日が定例のレッスンを今日に変更してもらった。


今日は先週と打って変わって、いつものペースに戻っている。
真っ先にきかれたのが、「お腹すいてますか?」
それにとどまらず、
「レッスンが終わったらすぐ食べますか?」
「何を食べますか?日本食ですか?」
「作るのですか?食べに行くのですか?」
「いつも何時に食べますか?」
と細かく尋ねられる。
どうしてこんな事が知りたいのか、よく分からない。


また、話の脱線し具合も、いつもどおりだった。
洪水นัำท่วมという単語の箇所で、
「日本は台風が来ていて、関西では洪水が起きてます」と言うと、
「タイでも同じですよ、今、タイの中部は洪水です。もうじきバンコクも洪水になります」
ここまではよかったのだが、続いて
「バンコクは都市開発がよくないので、洪水が毎年起こります。」
「計画が駄目なので、いつになっても洪水はなくなりません。」
「この先、何10年しても、洪水は無くならないと思います。」
と、腕をクロスしてバッテンを作り、力説している。


そして、ふと我に返ったような表情になり、
「タイに台風はあまり来ません、ほとんどが嵐です。嵐という言葉はパーユพายุです。」
「パーユพายุは分かりますか?」
と続く。
その後、地震の話に至りようやく止まった。


あまりに脱線したため、今日は2ページしか進まなかった。


ところで、1回50分の授業は今日で8回目となる。
8回で1サイクルとなるので、次回も継続することにした。
以前通っていたタイ語学校が、4回で16,800円だったことに比べると、オンラインレッスンはコストパフォーマンスが良いと思う。

posted by arooy at 10:41| Comment(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

レッスン後の評価、その2

今日は、前後左右、上下、内と外など方向を表す単語。
既習ため特に予習はしなかった。
担当の講師は、会話レッスンが特徴的である。
会話レッスンは、講師の質問、その答えという具体で進むが、この講師は答えを聞いた後、必ず「私は○○です」と続けるのだ。


今日の例文だと、
Q「机の上に何がありますか?」
A「コンピュータがあります」
Q「私の机の上にもコンピュータがあります」


Q「机の下に何がありますか?」
A「何もありません」
Q「私の机の下にも何もありません」
こんな答えが返ってくる。


そこで、
「本当に何もありませんか?」
と言い返すと、ケラケラ笑いながら何か言っているが、早口過ぎて分からない。


時間が5分余ったので、ホアヒンのワイナリーへ行った話をすると、
「ホアヒンは好きでよく行くけど、ワイナリーは知りません。今度調べてみます。」
とのこと。

こんな会話のためか、事後の評価は10点。
評価が良すぎである。

posted by arooy at 14:11| Comment(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

久々のレッスン

木曜日が定例となっているオンラインレッスンの日。
2週間ぶりの授業だが、少し勝手が違う。
理由は分からないが、進行を早めているように感じる。
レッスンの合間に、ホアヒン旅行のネタを振ってものってこない。
いつもなら延々とおしゃべりが続くはずなのだが・・・。
毎回きかれる「お腹すきました?」もない。
おかしい。
進捗がはかばかしくないので、事務側から何か言われたのかもしれない。
黙々と進んだため、予習していた範囲を超えてしまった。
次回はきっちり予習しようと思う。

posted by arooy at 14:10| Comment(0) | オンラインレッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

ミレニアム・ヒルトン・バンコク

明日の早朝に帰国するため、午前中にホテルをチェックアウトし、バンコクへ移動した。
ホアヒンからバンコクへ向かうバスは、「こんなところからバスが出るの?」と思うほど、なんの特徴もない道路から出発する。

20110912-1.jpg

バスはここから出発

バンコクまでは160B、3時間強といったところ。
バンコクの南バスターミナルに15時半過ぎに着いたので、渋滞に巻き込まれずにすむと思っていたのだが、そうはいかなかった。
南バスターミナルは、王宮やワットポーなどとは反対のチャオプラヤー川の右岸地域にある。
そこで、同じくチャオプラヤー川の右岸に立つ、ミレニアム・ヒルトン・バンコクを予約しておいた。
しかし、バスターミナルから乗ったタクシーは、右岸から左岸へ川を渡り、王宮方面へ向かってしまったのだ。
途中で間違いに気づいたが、周りはどんどん車であふれ、方向転換もままならない。
1時間半さまよったあげくホテルに着けず、結局、チャオプラヤー川の渡しでタクシーを降りた。
そこから偶然ヒルトンのボートが出ており、川を渡って到着。

20110912-2.jpg

チャオプラヤー川を渡ってホテルに着くところ

チェックイン後は、カクテルタイム中のエグゼクティブラウンジへ出かけた。
リバーサイドの夕暮れを見ながら飲むワインは最高においしい。
しかも、無料なのでなおさらおいしく感じる。
タパスも5種類出てきて、これだけでかなり満足である。
リバーサイドに泊まったのは初めてだが、なかなかいいものである。

20110912-3.jpg

日中、部屋からの眺め

20110912-4.jpg

部屋から見た夜景

posted by arooy at 16:48| Comment(0) | 2011年9月 ホアヒン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

ホアヒンのワイナリー

ホアヒン近郊にホアヒン・ヒルズ・ヴィンヤードというワイナリーがある。
熱帯のタイでワインなんて、と思っていたが、そんな考えは見事に裏切られた。
広々としたワイナリーを眺めながらテラス席で食事ができる。
結構おすすめかもしれない。
5種のテイスティングとタパスのセット(1,600B)を頼んだが、ロゼ以外は美味。
しかし、5杯も飲んだため昼間から完全に酔っ払ってしまった。

20110911-1.jpg

ホアヒン・ヒルズ・ヴィンヤードの眺め

20110911-2.jpg

テラス席

20110911-3.jpg

テイスティングで並んだワイングラス

20110911-4.jpg

象乗りもOK

posted by arooy at 16:47| Comment(0) | 2011年9月 ホアヒン・バンコク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。